お薬研究所 < ホーム

お薬研究所 : 2010年8月号-#1 [2010.08.10up]

お薬研究所では「薬局でのこんな相談」や「病気の話」など、皆さまの健康に役立つ情報を掲載しております。
  » 病気の話「熱中症」
     ├ 1. 熱中症って?
     ├ 2. 高体温の原因
     ├ 3. 熱中症の症状
     ├ 4. 熱中症の応急処置
     └ 5. 熱中症の予防
  » お薬研究所:2010年7月号

病気の話「熱中症」

熱中症とは、高温多湿の環境下や運動などで体の中でたくさんの熱を作る状態が続く事により発症します。体温を維持する為の生理的反応から失調状態になり、全身の臓器機能不全に陥るまでの連続した病態を言います。
熱中症:救急車しかし、最近では温暖化に伴い気温が35℃を超える日も多くなり、必ずしも炎天下での作業や運動をしている場合だけではなく室内でも熱中症になり救急にて運ばれるケースも多くあります。
熱中症の発生には、気温や直射日光だけではなく湿度が高い、風が弱いことで体温は上がるけれど体の熱が逃げにくい状況になった時に起こりやすいと言われています。特に、子供や高齢者などは体温調節機能が未発達であったり低下したりしているため注意が必要です。

1. 熱中症って?

熱中症って?人間は、環境により体温を変化させるカエルや魚などの変温動物と異なり24時間のサイクルで36℃~37℃の狭い範囲で体温を調整している恒温動物です。体温を保つことにより代謝や体の中のさまざまな酵素が上手く働いてそれぞれの臓器は機能しています。
人の血液は、およそ体重の1/13と言われており、65Kgの人であればおよそ5Lの血液が体を循環しています。体温が上昇すると皮膚から熱が奪われやすくするために血液の多くは、皮膚に分布します。その間他の臓器は少なくなった血液で役割を果たしているために臓器の機能低下から、気分が悪くなる・めまい・意識が遠のくなどの症状が現れるのです。

2. 高体温の原因

高体温には、その発症の原因により”発熱”と”うつ熱”の2つに分類されます。

(1)感染による発熱
高体温の原因:感染による発熱風邪などのウィルスや細菌に感染すると、侵入した病原に対抗するために体内の熱産生は著しく増加し、末梢の血管は収縮し熱が奪われるのを防ぐように反応します。これは生体防御反応の一つで、白血球からサイトカインなどの発熱物質が産生され脳の視床下部にある体温調節中枢の体温設定温度を高めにセットすることで体温を上げ侵入した病原の活動を抑えるのです。
熱産生を促進させるためには、”震え”に見られるような筋緊張亢進や体動増加や皮膚からの熱放散を防ぐための血管収縮により手足は冷たくなります。
熱の上がりはじめにゾクゾクするのが、まさにこの反応なのです。しかし、普通の感染による発熱では41.5℃を超えるようなことはなく、脳の中の安全弁として熱を下げる物質を放出することでそれ以上の体温上昇を抑えています。体を守るための理に適った発熱と言えます。
(2) うつ熱(熱中症)
“うつ熱”の原因は、病気によるものではなく、高温環境や放熱機能の低下などの外部環境よって発症します。体温より気温が低ければ、皮膚から空気中に熱は移りやすく、体温の上昇を抑えることができます。さらに、湿度が低ければ汗をかくことができ汗が蒸発する時に熱が奪われることで上手く体温をコントロールできます。しかし、気温が体温より高くなると皮膚からの熱の放散はあまり期待できず、汗による体温調節に頼ることになります。ところが、気温が高いだけでなく湿度も75%以上になると汗は流れ落ちるばかりでほとんど蒸発しなくなります。このように、体温調節機能がコントロールを失い、体温はどんどん上昇してしまうのです。このような状態では、皮膚からの熱の放散を促進するために血液分布は多くなり、皮膚温度が上昇し手足は熱くなり、体内の熱産生を抑えるために傾眠・体動減少・筋緊張低下などの基礎代謝が下がります。これも、すべて体温を一定に保つための生体防御反応と言えます。

高体温の原因:うつ熱(熱中症)

3. 熱中症の症状

症状により、4つに分類されます。

熱中症の症状
(1) 熱失神
高温や直射日光により、血管が拡張し血圧低下することでめまいがしたり失神したりする。
(2) 熱痙攣
暑い中で作業をするなどして、発汗により水分とともにナトリウムなどの電解質が減少して痛みを伴った筋肉の痙攣を発現する。
(3) 熱疲労
発汗により、水分と電解質が減少し脱水症状をともなうめまい・吐き気・頭痛・脱力感が発現する。この段階での処置により熱中症は防げる。
(4) 熱中症
汗はかいておらず、皮膚はやや赤く熱っぽい。体温は39℃を超え、めまい・吐き気・頭痛皮膚蒼白・全身痙攣・意識消失・昏睡などの症状あり、早急な処置が必要。
熱中症というと、暑い環境でおこるものという概念がありますが、スポーツや労働中体の熱生産が増大する事、放熱機能がうまく働かない、あるいは水分や電解質が不足するなどの条件が重なり、冬場でも死亡事故が起きています。しかし、適切な予防法を知っていれば十分防げる症状なのです。なにより、怖いのが“ちょっと体調が悪い”“少し気持ちが悪い”と本人が我慢している間に症状が進んでしまう事です。

4. 熱中症の応急処置

工事現場や運動場、体育館、一般家庭の風呂場、機密性のよいマンションなどで発症しやすい熱中症ですが、心臓疾患や糖尿病などで定期的に薬を服用している場合や飲酒などにより脱水傾向のある時にも注意が必要です。体調の変化を感じたら早目に対処することが大変重要です。

  1. 風通しのよい涼しい場所に移動させる。衣類をゆるめて、頭を低く両足をやや高めにして寝かせます。
  2. 冷水タオルまたは、アイスパックで体を冷やします。冷やす場所は、脇の下・頚動脈・大腿動脈(股の間)などで、マッサージしながら冷却します。本人の意識が戻り冷却を不快に感じるまで行います。ただし、筋肉の痙攣を起こしている場合には、暖かいタオルを使用します。
  3. 水分と電解質を補給します。 熱痙攣の場合には、0.9%生理食塩水を服用します。多量の発汗で水分だけを補給すると血液中の塩分濃度が減少し、筋肉の痙攣が起こりやすくなります。 熱疲労の場合には、0.2%生理食塩水Orスポーツドリンクを服用します。脱水による症状であるため、吸収しやすく電解質の濃度を低下させないものが最適です。
  4. 経口摂取できない状態では、点滴による補液が必要なので医療機関を早急に受診します。 全身状態を把握するために、名前を呼ぶ・肩をたたく・応答ができるかなど意識レベルを確認します。呼吸・脈拍・顔色・体温や手足の温度などを観察します。

5. 熱中症の予防

熱中症の発生には、気温・湿度・風・輻射熱が関係しています。これらを総合的に評価する指標が、湿球黒球温度(WBGT)。屋外で日射のある場合と室内で日射のない場合で異なります。

熱中症の予防:熱中症の発生には、気温・湿度・風・輻射熱が関係しています。これらを総合的に評価する指標が、湿球黒球温度(WBGT)といい、発症の危険度を判断することができます。

上記のWBGT値を把握することで、発症の危険度を判断することができます。
また、運動の前後で体重を測定することで失われた水分量がわかります。体重の3%の水分が失われると運動能力や体温調節機能が低下すると言われています。体重の減少が2%を超えないよう水分補給を行いましょう。水分補給量としては、体重減少の70~80%とされており、気温の高い時には15~20分ごとに飲水休憩を取ります。1回200mlほどを1時間に2~4回補給します。水温は5~15℃が望ましく、運動強度の高い時には糖分・塩分を含んだ水分補給を心がけます。
さらに、衣類の選択にも工夫をしましょう。

衣類による体温調節のポイント
  1. 体からの熱放散⇒通気性の良い素材を選ぶ。
  2. 外部からの輻射熱の遮断⇒帽子の着用(熱を反射する白いものを選ぶ)
  3. 水分の蒸発を促進⇒吸湿性の良い素材を選ぶ。
    体調の悪い時には、体温調節機能も低下しています。無理な運動は避ける事が大切です。 また、日頃から暑さに慣れていない人や体力の低下している人は注意が必要です。
    熱中症を正しく理解し、発症を防ぎましょう。